MENU

現役選手として戦うスポーツドクター

・名前:岩井勇策(いわい ゆうさく)

・肩書:テニスプレーヤー・スポーツドクター

・主な実績

関東医歯薬テニス2連覇(2011,2012)

テニスJTAランキング

(日本ランキング)138位(2018/10)

 

病院外で1000例を超える個別指導を行い、

今まで1000人以上に向けてセミナーを実施

 

・経歴:

1989年12月19日神奈川県横浜市に、男兄弟の三男として生まれる。

小学生の頃はサッカー少年だったが、神奈川県私立浅野中学校に進学し硬式テニスを始める。

高校生でテニスの名門ファーイーストJr.テニスアカデミーに入門。

その後日本大学医学部へ進学し関東医歯薬テニス2連覇を果たす。(2011,2012)

大学卒業後、立川相互病院で2年間の初期研修を行い、東京大学リハビリテーション科へ入局するも1年で退局。

病院で目の当たりにした高齢化社会の現実に危機感を感じ、予防医学やスポーツ医学を普及したいという志を持つ。

ジェクサーフィットネスクラブ池袋でのパーソナルトレーナーや、健康診断医師の経験を経て、現在は株式会社ニトリ専属産業医として、健康教育や体操セミナーを実施。

適切な運動療法による予防医学を実践している。

また株式会社テニスユニバースではメディカルアドバイザーとして活動。

YouTubeチャンネル「スポーツドクター岩井」ではスポーツ医学・予防医学に関する情報を無料で提供している。

 

スポーツドクターとして活動する中で、

「スポーツ医学から学べる事をまずは自分自身の体で実証し、確かな物を伝えたい。」

という強い決意に至る。

 

現在はテニス選手活動を自身の最重要事項として、トッププレーヤーとしての活躍を目指している。